スタッフブログ

なんと京都にレッドソックス公認バーが!その名も“FENWAY PARK”

2007年07月06日

先日、京都新聞にボストンレッドソックスより公認されたスポーツバーが
京都にあるという記事が掲載
されており、早速いってまいりました。
その名も、レッドソックスのホームグラウンド(球場)名である“FENWAY PARK”!! 
ホームページへのリンク → ★FENWAY PARK★
 『お店が、公認されるに至った理由』
 ある日、ボストン出身のアメリカ人の方が、京都観光中に“FENWAY PARK”の
看板をみてフラッと、このお店を訪れたのが始まりだそうです。
帰国後その方が、地元ボストンで京都にこんなお店があったと、10年来レッドソックスを
愛してやまない大田オーナーを、メディアで紹介したところ、それを観たレッドソックスの
球団関係者から話がすすみ公認へ至ったそうです。まさに一期一会の不思議なお話です
 『お店の感想』
河原町三条上ル西側のKUSビル3階にあり、エレベーターが開いたら目の前には長ーい
カウンターで、10年来のレッドソックスファンである大田オーナーが迎えてくれました。
いろいろ聞きたいことがあったので、先ずは私からいきなり自己紹介をさせていただき、
当ホテル名にボストンがついている事や、私もボストンに留学経験があり大変懐かしく
興味もあったこと、そして京都新聞の記事を観て早速来てみた旨を伝えると喜んで頂き、
大田オーナーが先日、ボストン現地に出向き、岡島選手の月間新人賞のプレゼンテーター
まで経験さた旅の貴重な写真を見せていただけました。本当に気さくな方で良かったぁーと
嬉しくなり、その後は安心して楽しめました。奥にはダーツマシンがあるテーブル席もあり、
グループの利用も可能でした。みんなでレッドソックスの試合を観ながら盛り上がれそう
でした。壁には、レッドソックスより贈られた【公認証書】がドーンと貼られてました。
その他に、選手たちのユニフォームも並び、雰囲気バッチリ!でした。
 雰囲気に感激した後に、2つのサプライズ
先ず1つ目は、カウンター内のお二人が、ご兄弟であったこと。
そして、2つ目は、アメリカンなカウンターの向こう側に、ものすごい種類の“焼酎”が
そろっていること。お店のイメージからは想像もつきませんでした。